貴方の旅に寄り添う旅情報サイト

>

宿選びは海外で安心して一人旅を楽しむための必須事項

一人での海外旅行は宿泊先の決定を慎重に

海外への渡航経験が無い方にとっては実感し難いかも知れませんが、日本は極めて治安が良い国です。

そのため、海外旅行で赴く大半の国は、日本と比して治安の面で大きく劣ります。

例えば、夜間の一人歩きの危険性は日本でも看過できませんが、犯罪のリスクは別としても死のリスクはさほど高くありません。

一方、海外で夜間に一人歩きをするのは自殺行為に等しく、犯罪に巻き込まれず命があるのは幸運であると言って差支えがないのです。

となれば宿泊先の国全体の治安はもちろんのこと、地域ごとの治安にも配慮する必要があることは明白であり、当然、宿泊施設のセキュリティと立地には特段の配慮が必要となります。

ここまで述べた事から推察される方もおられるでしょうが、海外での一人旅の宿泊先は、旅程で通過・観光する国の内、最も治安条件の良い国を選び、宿泊施設は比較的治安が安定しやすい都心部の高級ホテルを選択することが最も堅実でしょう。

一人でも長期の海外旅行を楽しめる宿泊施設

治安の悪い海外での長期滞在は充実した資金が必要とされますが、一定の安全性を担保しつつ低価格で宿泊可能な施設も存在しますので、海外での長期滞在に適した宿泊先と交えて提示します。

まず、海外での長期滞在に最も適した宿泊先ですが、友人・知人の家もしくは別荘が立地条件にもよりますし、謝礼や友人あるいは知人の負担等、複合的な要素が絡むものの、概ね安全性の高い宿泊先です。

友人・知人の伝手や潤沢な資金が用意できない場合、一定の安全性と低価格を両立した宿泊施設としてユースホステルがあります。

ユースホテルは、相部屋ながら寝泊りのみに特化しているのが特徴の宿泊施設ですが、世界規模で運営されているユースホテルに限っては、一定の安全性が担保できる上に、ホテル内でのアルバイトを受けることができれば、宿泊費の捻出も可能で、場合によっては長期の滞在も可能となります。


この記事をシェアする