貴方の旅に寄り添う旅情報サイト

>

旅は宿選びに始まり宿選びに終わる?

旅をする前に知っておきたい宿泊施設の種類

貴方の旅を円滑に進めるためにも、是非、宿泊施設の基本的な特色を知っておきましょう。

ニーズの多様化や国際化の影響もあって、宿泊施設も細分化していますが、サービスごとに大まかにはグループ分けが可能で、ホテル・旅館・ビジネス(カプセル)ホテル(旅館)・民宿の4つが主な宿泊施設の分類となります。

ホテルは最もスタンダートな宿泊施設で、人数を問わず宿泊客を想定し、地域ごとの特色を生かしたサービスを提供する宿泊施設です。

日本人にとってホテルよりも馴染み深い旅館は、複数の宿泊客を前提としたサービスと温泉施設が提供されています。

ビジネスホテルはビジネス旅館やカプセルホテルも含めて、安価で簡素なサービスを一定の水準で提供している、純粋な寝泊りに特化した宿泊施設と言えるでしょう。

最後の民宿は、地域色が強い宿泊施設であると共に、サービスのバラつきが激しい宿泊施設となります。

宿泊施設は旅の目的と旅行先に応じて選ぶ

宿泊施設の選択は、旅する国や地域、旅行の目的に応じて柔軟に選ばなければなりません。

仮に、最もスタンダートな旅の目的である観光を目的として旅をする場合、純粋に初めての観光を楽しみたいのであれば、素直に一定水準のサービスが保証された高めのホテルが利便性の面から優れていますし、温泉でゆっくりとしてから観光を楽しみたい、もしくは観光を堪能してからくつろぎたいという場合は、旅館が適しています。

また、観光や食事への予算を重視して、宿泊費用の節約を考えるのであれば、価格が安いビジネスホテルやカプセルホテルが選択肢に入りますし、複数回の観光を経て新しい刺激や発見を求めているのであれば、民宿への宿泊も良いかも知れません。

いずれの宿泊施設もそれぞれに長短があるため、旅の目的に沿って宿泊施設を決めることをお勧めします。


この記事をシェアする